富士市柚木の現場上棟ですがその前に

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は富士市柚木の家の上棟ですが、その前に現場の振り返りをしたいと思います。
まずは基礎工事



前の私のブログでも言っていますね。
基礎工事の要はなんといっても鉄筋工事。
鉄筋の量、すなわち強度が基礎の力になります。
建物の重さや地盤の強さに応じて鉄筋を組むことはとても大事です。
この家は長期優良工事の耐震等級3の家。
その基準を満たすために鉄筋量が多くなっています。
鉄筋を組んだ後はGIOの検査を受けました。


鉄筋が組み上がり型枠を組んだ後はコンクリートを打設します。
コンクリートは15センチの枠に入れるためある程度の粘性が必要です。
硬かったりすると枠を外した時に空洞が出来てしまったり
柔らかすぎると中の砂利などの骨材が均等にならなったりします。
納豆のようにある程度の粘性があると砂利などが均等に広がり
コンクリートの強度が安定します。


コンクリートが十分固まった後、型枠を外します。
次回は防蟻工事について書きます。

関連記事

  1. 失敗しない家のプランづくり 3

  2. 富士市中央町の「ナチュラル和モダンの家」の上棟をしました。

  3. 富士宮市泉町の家では、お施主様立ち合い検査をしました。

  4. 住宅性能評価証明書をとるメリットとデメリットとは?

  5. 息子の学校の学園祭にいきました

  6. 東日本大震災を振り返る1 (2016.1月)

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング