「これからの家に求められる大事な性能とは?」基本スペック断熱編1

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
「これからの家に求められる大事な性能とは?」という話を書こうかと思います。
今回は当社のナチュラルアスカの家の基本スペックの断熱編。
ただ断熱については私のブログの中でも今までたくさん書いてきました。
でも断熱の話は家の性能の中でもとても大事な事なので、繰り返し書こうかと思います。
なので当社のスペックの話の前に断熱の効果をおさらいしようかと思います。
まずは一般的な話、断熱材の効果とは
断熱材効果と聞くと最初に思うことは熱を逃がさない、入れないということです。
例えば夏の暑い日、外の気温は30℃以上になります。
最近は温暖化の影響か、35℃以上にもなります。
断熱材はこの高い外気温を部屋の中に入れないようにします。
そして寒い冬の日もその反対です。
せっかく温まったお部屋の温度が外部に漏れていかないようにします。
要は断熱材は温度を伝わる事を制限します。
(熱伝導率が低いと言います。このことに関しては又の機会にお話します。)

このような効果はどんなメリットがあるのか?
まずは省エネルギー、冷暖房消費量の減少です。
例えば冬の寒い日のまだ寒い部屋を想像してください。
皆さんは何をしますか?
おそらくですが、エアコンや温風ヒーターなどで部屋を温めようとするでしょう。
(中にはいきなり運動しだす人もいるかもしれませんが)
断熱効果が高い家と断熱効果が低い部屋ではある一定の室温になるまでにかかる
エネルギー料(要は電気代)は変わりません。
ただこの後が問題です。
せっかく上がった室温を維持するために断熱効果高い家は、エアコンの設定温度を
低くしたりして力を弱く出来ますが、断熱効果の低い家は弱くすると部屋の熱がどんどん
外に逃げてしまい室温が下がってしまうので、いつまでもエアコンの設定温度は
高くしておく必要があります。
要は電気をたくさん使うということです。
断熱効果の一つ目は省エネルギー、冷暖房消費量の減少がお分かりに
なりましたでしょうか?
次回二つ目の効果を書きます。

富士市今泉 ナチュラルアンティークの家 (平屋)

関連記事

  1. 富士市厚原の「ちょうどいい家」 では断熱材セルロースファイバーの吹き込…

  2. 富士宮市小泉「ナチュラルモダンの家」上棟しました

  3. 階段に設置するアイアン手摺が 出来上がってきました

  4. 三島市沢地で地鎮祭をしました。

  5. ブログアップ  チリ地震は対岸の火事か?

  6. 今日から三日間、毎年恒例の「サンタクロース」になります

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング