沼津市西添町の家では当社標準施工の「セルロースファイバー」を充填しました

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は沼津市西添町の家の工事の進捗状況です。
当社の標準施工の「セルロースファーバー」を外壁の壁と
2階の天井など外部に面している部分に充填しました。
セルロースファイバーとは
セルローズファイバー充填中


この断熱材の施工上のメリットは専門の業者さんがいれてくれることです。
最近は発泡ウレタン断熱材など断熱施工の専門化が増えていますが
グラスウールなどの断熱材は大工さんが入れる場合が多いです。
決して大工さんの施工が良くないとは言いませんが、大工さんはあくまでも
自分が壁を貼るために言うなればついでに入れる場合が多く
入れ方によって本来の断熱材の効果があまり期待できなくなる場合があります。
大工さん施工

大工さん施工にありがちな断熱不良箇所


どうしても人が手を使った場合は切り方のよって断熱材が十分に
入らない場所があります。
こうなった場合この部分は断熱性が悪くなるだけでなく結露しやすくなり、
壁内でカビなどの原因なります。
セルロースファイバー施工後


天井

壁はシートの中に2階の天井は天井材に上に隙間なく入っています。
このセルロースファイバーが家をすっぽり包み家を暖かくしてくれます。
セルロースファイバーを採用して住んだあとのメリットは又の機会に
話します。

関連記事

  1. 伊豆の国市北江間の現場の進捗状況を確認しました。

  2. 地震や劣化のよるひび割れがしにくい外壁材とは

  3. 富士市神戸では「ナチュラルモダンの家」の地鎮祭をしました

  4. 家づくり三つの掟

  5. 富士市厚原で予約制の完成現場見学会を開催しました。

  6. なぜ家の構造材は無垢材を使いたいのか?2

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング