耐震等級とは2

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は先日の続きの耐震等級について
前回は耐震等級を知るために国の耐震基準の話をしました。
耐震基準の意味が分かったところで耐震等級に話を戻します。
耐震等級とは先程の建築基準法の耐震基準を前提として品確法の住宅性能表示で表す指標です。
文面のまま列記すると
耐震係数1が「数百年に一度発生する地震(震度6強から7程度)の地震力に対して倒壊、崩壊せず、数十年に一度発生する地震
(震度5強)の地震力に対して損傷しない程度」(建築基準法同等)
耐震係数2
上記の地震の1.25倍の地震に対抗できる、 耐震係数3が上記の地震の
1.5倍の地震に対抗できるという事です。
そしてここで重要な事は何回でも言っている言葉ですが「建築基準法は建物を建てる場合の
最低基準」です。いつか来るかもしれない東海地方の大地震に備えてあなたが
希望としている家の間取りに制約がかからない程度に
耐震に対して有利な耐震等級に挑戦することも大事な事かなと思います。

関連記事

  1. 富士市中里「ナチュラルアンティークの家」着工します

  2. 富士市中央町に家では断熱材「セルロースファイバー」を充填しました

  3. 長く住む我が家ですから屋根の素材にもこだわりたい

  4. 土地の情報は足で聞き出すこともできます。

  5. 富士川方面から富士宮方面の現場に回りました。

  6. 純和風?モダン和風?それともオリジナル?お施主様の個性の家2

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング