基礎工事は文字通り家の基礎です。
その強度と施工精度によって家の強さが決まるといっても過言では
ありません。

基礎工事でもっとも大事な工程が鉄筋工事です。
鉄筋は住宅基礎の場合9mmと13mmの太さの物を使うように
建築基準法にて組み方の決まりがあります。
当社の場合は写真のように13mmの太さの鉄筋のみを使い、
土間の部分、立ち上がりの部分とも20cm間隔で鉄筋を組みます。

一般的な基礎鉄筋(建築基準法通り)


鉄筋が組み上がったところで検査(当社の場合JIO)を受けます。

コンクリート打設

検査に合格した後、コンクリートを打設します。
下の写真は立ち上がりの部分に埋め込むアンカーボルト
これにも決まりがあります。

コンクリートが固まって型枠を外した後、出来上がりの寸法を測ります。

基礎が完成するといよいよ上棟(家の骨組みを組む)です。

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング