資料請求はこちら

造作家具と聞いてあまり馴染みがない言葉なので「普通の家具とどう違うの?」と言われそうですがその完成品は違います。

一般的に家具というと家具家さんに売っている家具を想像すると思います。
造作家具というのはお施主様の要望を聞き置く場所の寸法や条件に合わせて造る家具です。

ただ全ての工程を家具家さんだけにお願いするとどうしても高額になってしまうので当社の場合は基本となる箱の部分は現場で大工さんに造ってもらい扉や引出、天板など細部の工程は家具家さんに造ってもらいます。

材質をお施主様に指定される以外は安価なパインの板材などで造る場合が多いです。

食器棚

この食器棚は当社からの提案というよりもオーナー様のご希望に沿い家本体の計画の一部として設計し現場にて作製しました。

今お持ちの食器などの量を想定し大きさや扉、引出、開き などの各場所を決めました。
ガラスはイタリア製のチェッカーガラスで、ツマミなどはオーナー様がネットで探した後東京自由が丘のインテリアショップ「モモナチュラル」で現物確認後購入しました。

全ての部分にオーナー様のこだわりが反映した食器棚です。

食器棚2

食器棚3

この食器棚は長年オーナー様奥様がインテリア雑誌や住宅雑誌などを見て思い描いていたものを形にしたものです。

パイン材の質感。塗装の色、木目を生かした塗り方、ガラスは前述のイタリア製のチェッカーガラス。
カウンター天板のタイルは名古屋モザイクの無地調のホワイト。
つまみは奥様がネットより時間をかけ探しました。

当初カウンターの天板のタイル仕上げは長年の使用により目地のヒビ割れ、剥がれなどが発生しやすい事とメンテナンスの面でも日々のお手入れが大変というご提案をさせていただきましたが、オーナー様奥様の長年の夢を叶えたいという思いより制作しました。

洗面台もタイルなどを変えてお揃いで制作しました。

食器棚4

食器棚5

食器棚6

食器棚7

この食器棚はダイニング側の食器棚とセットで制作しました。
ご自分たちの持っている収納量を考え、デザイン性と少し遊び心も取り入れた造作家具です。

本体はパイン材で作成しましたが、カウンター天板はメラミン板を使用。
傷が付きにくく、水にも強い材質なので万が一水に濡らしたり醤油などをたらしてしまっても板に浸透しないので雑巾でゴシゴシ拭けます。

ガラスはイタリア製のチェッカーガラス。つまみはオーナー様奥様がネットで探したスプーン、ホークを形どった物を付けました。
使っていて毎日の家事が楽しくなりそうですね。

洗面台も使い方を重視しおそろいで同じ仕様で制作しました。

食器棚8

食器棚9

食器棚10

造作手洗い・洗面1

生活感が出てしまいがちな水回りの手洗い・洗面がおしゃれだと暮らしにゆとりがある感じがしませんか?
カウンター、水栓、ボウル、タイルに至るまで、ひとつひとつ自分たちでセレクトしたものは愛着もひとしおです。
毎日何回も使う場所だから、好きなものに囲まれて暮らしたいですね♪

造作手洗い・洗面2

造作手洗い・洗面3

造作手洗い・洗面4

造作手洗い・洗面5

造作手洗い・洗面6

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング