こんにちはアスカ工務店の遠藤です。                
なぜ私は安定したサラリーマンを捨て「人に優しい自然素材と
断熱性能だけではない家を長持ちさせる断熱材にこだわった家」
を建てる為に独立し工務店を始めたか知りたくありませんか?

少し私の事をお話してもよろしいでしょうか?
私は平凡なサラリーマンの父と母の間に長男として生まれました。(弟との二人兄弟です。)
丁度日本は昭和時代の高度成長期時代のまっさかり、私は何一つ不自由なく育てられました。

父、私、弟   昭和38年頃
父の仕事の都合で愛知県春日井市にて

その後、地元小学校(富士市立富士第二小学校)中学校(富士市立富士南中学校)高等学校(静岡県立富士高等学校)に進みました。

中学3年頃(左から2番目が私)
友人たちとともに
当然次は大学に進む事が私や両親の希望でしたが、私には将来グラフックデザイナーになりたいという夢があり、美術大学に入ってデザインの勉強がしたかったのですが、どうしても才能と力量がついていかず、1年浪人生活を送ったあと大学受験を断念いたしました。
おそらく当時、私もガッカリしましたが、両親はもっとガッカリしたのではないかと思います。

そんな気まずさや挫折感もあり3年ほど東京で今でいうフリーターのような生活をしていましたが、ある日思い立ち地元の富士市に帰り叔父の生コン製造会社(スルガ生コン)へ就職後、そこを退社し知り合いの工務店(函南町の和泉工務店)で工事の経験を積み、富士市のリフォーム会社(デグチホームズ)でリフォーム工事の現場で建築を学びました。

特に和泉工務店では時代はまさにバブル全盛期でした。
現場が伊豆半島に近かった為、別荘建築を数多く建てました。
今当社で建てている 自然素材の家「ナチュラルアスカの家」のデザインのヒントはこの時期に育まれたのではないかと思います。


和泉工務店の現場監督の時代
バブル絶頂で仕事はひっきりなしにありました。
この時期、私は一番建築について学びました。

その後富士市に来て「デグチホームズ」でリフォーム工事や改修工事、店舗の工事などを多く経験しました。
そして和泉工務店 デグチホームズと新築やリフォーム工事をこなしていくうちにある疑問点を感じるようになりました。

「なぜ、今、建てている家は床が無垢ではなくフローリングなんだろう?」
「なぜ、壁紙は石油臭いビニールクロスなんだろう?」
「大きな地震が来ても台風に合っても大丈夫な家とは?」
「この家は本当に30年40年後もちゃんと丈夫で建っているのだろうか?」

というような事をサラリーマンの自分は漠然と考えていました。
でもこの時まだその答えを見つける事が出来ませんでした。
この時まだまだバブル景気の影があり、そのような事をじっくり考えるような余裕は私にはなかったからです。

当時はお施主様に「無垢の床を使いたいのですが、どうですか?」と言われても私は「無垢材は値段が高いですよ。」とか「後で反ったり割れたりしますよ。」と
当時まだ変形の少ない乾燥された無垢材が少なかったという事もありましたが後のクレームが怖くてお客様に言い訳のような事を言っていました。

その後33歳で独立しましたが、先程の疑問を感じながらもお施主様からの依頼の家を着実に建てていました。

そんな私に前の疑問の答えのヒントになるような事が起こります。それは平成15年に施行された「シックハウス対策に関わる法令」です。当時新築住宅に住んで体調が悪くなったというシックハウスに関するニュースがたくさん報道されました。
でも私が自然素材を使った家(ナチュラルアスカの家)を当社のメインとしてお客様へお薦めしようと思った大きな理由の一つはあるお施主様の言葉でした。

「遠藤さん私の甥はひどいアトピー性皮膚炎とアレルギー症です。ナチュラルアスカの家は彼を連れてきても大丈夫でしょうか?」

このお施主様の甥っ子は自宅の新築時に入居後体調を崩し、その原因のビニールクロスを全て自然素材の物に貼りなおした後、やっと生活できるようになったそうです。

私はボンドを使わない素材はもちろん、当時出来るだけ化学系の建材を使わないように家を建てました。
(床は無垢材、壁は珪藻土塗り)その後このお施主様の甥っ子が家を訪ねても問題なかった事を聞いてとても安心した事を覚えています。

ナチュラルアスカの家を自然素材で(部分的ではなく全室)施工しようと思ったのはこの時のお施主様の一言から始まっています。
アトピー性皮膚炎やアレルギー性の方に関わらず、健康体の人でも家に住んでいる以上、その影響は受けるそうです。
日常生活で壁や床を触ったり呼吸したりして人は気付かないうちに体に入れてしまうからです。
原因の分からない頭痛やイライラなど経験はありませんか?
化学薬品はいくら国の基準値を下回った物を使っても数が多いと人体に影響が出てしまいます。

そして 私のもう一つの家を長持ちさせる為のこだわりについては前記のリフォーム会社(デグチホームズ)で住宅のリフォーム工事をしている時に始まります。
まだ築20年そこそこの家のお風呂場をユニットバスに改修する為に壁を解体した時、壁内で断熱材(グラスウール)が結露で湿って廻りの柱を腐らしている家を残念ながらたくさん見ました。
(一般的に使われているグラスウールという断熱材は特性上湿気てしまうと自分で湿気を蒸発させる事が出来ず周りの柱や土台を腐らしてしまう場合があります。)

お風呂の改修工事中
壁を壊した後壁の内部が腐っていた事が分かった事例

「これじゃあ地震の時に家が倒れてしまうかもしれない。じゃあどうしたらいいのか?」
という疑問から調湿性が高く呼吸する断熱材「セルロースファイバー」を当社は採用しました。
(セルロースファイバーは材料の特性上壁内の湿気はもちろんお部屋内の湿気の調整もしてくれ壁内結露防止になります。)

ビールグラスの結露のように目に見える結露は拭けますが、目に見えない壁内結露は知らないうちに進行して確実に家を腐らし強度を落してしまいます。

家づくりをされるほとんどの方は30年以上の住宅ローンを組み家を建てられます。
かつて私も自分の家を30年ローンで建てました。
でも過去の事例から結露が原因で柱等の腐りなどにより地震の時倒壊する可能性がある家がある事も事実です。(事実、阪神淡路大震災で木造住宅が倒壊した原因で多かったのは土台と柱が腐った事による強度不足だということです。)

「ナチュラルアスカの家」は住む御家族の健康(自然素材)と快適さ(断熱性が高い)
と長持ち(呼吸する断熱材)する家を考えて今までお住みいただいているお施主様のご意見をお聞きしながら出来た家です。
当社のお施主様の8割以上が子育て世代の御家族であることからも土地を購入されても無理しないで購入できる価格帯に設定されています。

もしあなたが「将来に渡って御家族が安心でき、長持ちする家を無理しないで購入したい。」と真剣にお考えであれば私は自分が今まで培った知識、技術、経験、を駆使しあなたの為に家づくりのお手伝いをさせていただきたいと思います。

又お会い出来る機会を楽しみにしています。

我が家の写真です。
左から  息子(高校2)  妻  娘(大学2)  私
娘が学校の旅行為に成田空港まで送ってきた折撮影

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング