「家族の日々の生活と将来を守る家」基本性能 (Basic performance)

1.耐震性(安心、安全)

日本は地震大国、くりかえし来る地震災害にどうしたら備えられるのか?
その考え一つで災害時の家族の将来が決まります。

震度7の連続地震でも全壊ゼロ。
最高レベルの4「耐震等級3」を標準採用。

防災の拠点となる消防などの建物と同等の強さの最高レベル「耐震等級3」
京都大学では熊本地震の短期間に2回発生した震度7クラスの地震に耐えるために求められる強度は耐震等級3という研究結果を発表してます。

  • 建築基準法の範囲内を「等級1」
  • 建築基準法の1.25倍の強さを「等級2」
  • 建築基準法の1.5倍の強さを「等級3」

標準仕様 (Standard spec)

ナチュラルアスカの家では地震時の揺れに大きく影響する、「重心」「剛心」の「偏心率」や、各部材の応力(柱・梁の内部に生じる力の大きさや作用方向を示す力)までを含めた数百枚に及ぶ「許容応力度計算」と言われる構造計算を自社で実施しています。
より正確に徹底して安全性を追求した結果、耐震等級3相当の構造を実現しています。

コラム1 「木造2階建て住宅は構造計算されていない!?」

震災の度に住宅の倒壊が報道されますが、四号建築と呼ばれる木造2階建て住宅などの建物は建築確認申請で構造計算が義務づけられておらず、現実に構造計算されていないという事は建築業界では常識である一方で一般消費者の人々にはほとんど知られていないかと思います。
構造計算されていない木造2階建て住宅の耐震性などの安全性はどうなのでしょうか?

なぜ構造計算されない?

木造2階建て住宅(四号建築)が構造計算されない理由をまとめてみます。
先ず四号建築とは建築基準法第6条1項四号に当てはまる建物で具体的には

100㎡以下の特殊建築物もしくは特殊建築物以外(住宅・事務所)の建物で木造で2階建て以下かつ延べ床面積500㎡以下かつ高さ13m以下かつ軒の高さ9m以下木造以外で平屋建て以下かつ延べ床面積200㎡以下の条件を満たすものです。

建築基準法第20条第1項四号にて木造2階建て住宅等の四号建築は耐震性等の構造耐力について

イ 当該建築物の安全上必要な構造方法に関して政令で定める技術的基準に適合すること。

ロ 前三号に定める基準のいずれかに適合すること。(=構造計算を行うこと)

のいずれかに適合する事を求めています。

つまり木造2階建て住宅等の四号建築はこのイの方法を採れば建築基準法上は構造計算書が無くても確認申請が通る事になります。

さらに木造2階建て住宅等の四号建築は建築基準法第6条の3三号にて建築士が設計をすれば後述の壁量計算書や構造関係の図面を確認申請に添付しなくて良いとされています(いわゆる四号特例)。
つまり、木造2階建て住宅等の四号建築は構造計算が義務づけられていません。

構造計算をしない場合の仕様規定とは?

    1. 壁量計算木造住宅の耐震性については床面積に応じて一定以上の筋かい等の耐力壁を設ける様に決められています。
      ただ最近のリビングの広い間取りや採光や導線のために開口部が大きく多い為「壁量」で必要とする壁量を満たすように、筋交いや耐力面材をバランスよく壁を配置しないと力に抵抗できずにねじれて倒れてしまいます。
      熊本地震でも比較的新しい住宅が倒壊してしまっています。
    2. 分割法筋かい等の耐力壁の総量のみを規定してると、採光のため南側の壁が少なく、開口の少ない北側の耐力壁が多い偏った建物になります。阪神・淡路大震災でこのような偏った壁配置をした住宅がねじれて倒壊する被害が多く見られました。この対策として耐力壁をバランスよく配置する4分割法という規準が定められました。
    3. 柱頭柱脚金物阪神・淡路大震災で木造住宅の多くが柱が土台から引き抜けて倒壊してしまう被害が生じた事を受けて、柱の柱頭柱脚に引き抜き防止金物を設置する規定が設けられました。
    4. 梁の強度木造2階建て住宅等の四号建築では2階床や屋根の重量を支える梁について具体的な規準がありません。
      木材というのはクリープ現象(力を長期間かけ続けるとだんだん変形が大きくなっていく現象)を起こすため、何年か経ってから二階の床が傾いたり壁のクロス割れ等の欠陥が生じるリスクがあります。
    5. 床や屋根の計算阪神・淡路大震災で木造住宅は筋かいなどの耐力壁が足りていても屋根や床の強度が足りず、耐力壁が地震に耐える前に建物が大きく損傷してしまう被害が出ました。
      最近は2階床は24〜28mmの厚手の構造用合板を使った強度の高い根太レス工法が普及しているものの、それ以外の屋根や下屋、ルーフバルコニー等は依然弱点を抱えたままになっています。
    6. 基礎いくら建物の上の木造部分の軸組がしっかりしていても基礎が脆弱では建物は壊れてしまいます。
      家の要となる基礎の強度をきちんと計算し、軸組に見合った強さを持つか確認が必要です。

構造計算していると広告しているが構造計算していない住宅
(構造計算と仕様規定の違い)

長期優良住宅で構造計算していますと謳っている木造2階建て住宅には実は構造計算していないものもあります。
どういうことかというと木造2階建てでは許容応力度設計という鉄骨や鉄筋コンクリート造と同様の構造計算で行う方法と前記した仕様規定による方法の二通りがあるのです。

仕様規定でも法律で認められた安全基準は満たしていますがあくまで簡易計算であり構造計算では無いのです。
しかし設計事務所・工務店・ビルダー自身が仕様規定による簡易計算を構造計算だと誤解して「構造計算をしている」と宣伝している事が多い様です。

建築で「構造計算」とは建築基準法第20条第1項一〜三号等で定める時刻歴応答解析・限界耐力計算・保有水平力計算・許容応力度等計算だけです。

コラム2「地震の世紀がやってきた」。

2000年に入ってから大きな地震が世界的に増えてきたらしいです。

アメリカに世界の地震の観測をしている「USGS」という調査会社があります。

そのホームページの中に過去からの地震発生階数をグラフにしたものがあります。

この棒グラフは1900年から2008年までの大地震を表しています。
このブラフから言えることは2000年に入ってから巨大地震が世界的に増えていることがわかります。

拡大すると

確かに地震は2000年頃から増えています。

この地震の中には1923年の関東大震災や1995年阪神淡路大震災、2011年東日本大震災、2016年の熊本地震や鳥取地震も入っています。

昔の記録は技術的に今程高度でなく、乗っていない記録もあるかもしれません。
それにしても2000年からの地震の数は以前の数の20倍らしいです。

このデータから言えることは2000年より地震が頻発する世紀に入ったと言えます。

そしてこれもデータからですが、日本は世界の活火山の約7%があるそうです。

平成22年度版内閣府防災白書

後、マグニチュード6以上の世界の地震のなんと20.5%が日本で発生しているらしいです。

これらのデータから日本は地震大国であり今は地震世紀に入っているいえます。

耐震に重きをおく家づくりを意識してすることが事がとても大切だと言えます。

2.断熱性(快適、健康、)

高断熱の家は夏は外からの熱の侵入を防ぎ涼しさを保ち、冬は温まった室内温度を逃さず暖かい。暑い夏も寒い冬も快適に過ごせます。

そして高断熱の家は室内の快適さだけではありません。
住環境の差は将来の家族の健康寿命を伸ばしいつまでも健康的に過ごせます。

標準仕様 (Standard spec)

高断熱・高気密を実現するために様々な断熱工法がありますが、一般的に住宅では2つの方法に分けることができます。
構造材の外側で断熱をとるのが「外断熱」、壁の中に断熱材を入れ壁内で断熱をとるのが「内断熱」です。
ナチュラルアスカの家は内断熱にセルロースファイバー、外断熱にフォルテボードというEPS断熱材の外張り断熱を貼る、「ダブル断熱工法」を標準採用としています。

ナチュラルアスカの家は一般的なエコ住宅より1.6倍の断熱性能があります。
断熱性能が高い家は寒い冬は内部から外部への暑い夏は外部から内部へ熱の流失を防ぐため少ないエネルギーで快適な室温環境を保ち冷暖房費が抑えられます。

コラム1 外張り断熱の重要性。

ナチュラルアスカの家は内断熱に「セルロースファーバー」、外張り断熱にフォルテボードというEPS断熱材を貼る「ダブル断熱工法」を採用しています。

内断熱のセルロースファイバー

外張り断熱のEPS断熱材フォルテボード

この外張り断熱材のイメージとしては外張り断熱は魔法瓶のような構造です。

(妻の実家にあった昭和の古い魔法瓶)

外張り断熱のイメージ

この「ダブル断熱工法」は今から10年ほど前の2009年に当社で採用しました。
当時はまだ家の断熱性能は今程注目されてることもなく、私としてもどちらかと言うと断熱性能よりは家の外観を塗り壁材のやさしい感じやかわいさの感じで表現したく採用しました。

ダブル断熱を採用当時のナチュラルアスカの家

実際家の完成見学会を開催した折、見学会に参加したお客様より
「セルロースファイバーの性能はいいと思うけど外張り断熱は静岡県の温暖さを考えた場合ここまで必要ですか?」
と質問を受けた時、的確な答えをできなかったようなきがします。
ただその後、今までダブル断熱工法をお施主様たちにお薦めしていたことは間違っていなかったという考えに至ったある事象に出会いました。
それも場所は当社の社屋にて。もちろん温暖な静岡県富士市。
2月の始めの寒い朝でした。

当社社屋

壁が白っぽい筋がまだらになっています。
これは別に怪奇現象ではないです。
建物の柱や梁の骨組みがレントゲン写真のように透けているように見えています。

木造住宅の中の構造

近づいてよく見ると白っぽい所は乾いています。

最初にお知らせしますが当社の社屋が出来たのは今から15年ぐらい前
当時は「ダブル断熱工法」の採用どころか存在も知りませんでした。
もちろん社屋は外張り断熱なしのグラスロール内断熱の当時の一般的な木造住宅の構造です。
なぜ骨組み部分が乾いているかというと壁の中のグラスウール内断熱がある部分は室内からの熱が止まっていますが柱など骨組み部分から室内の熱が外部に逃げているからです。
この熱の逃げ方は熱橋現象と言って柱や梁の構造体が熱の逃げの橋渡しになっているということです。
この熱の外部への放出を止めれるのは外張り断熱です。
外張り断熱は部屋内部からの熱損出を防ぐので室内の快適性や省エネにはとても有効だと思います。
私も最初言ったように外張り断熱工事の必要性は感じていながらこの事象を見るまでは静岡のような温暖な地域で外張り断熱は必要なのか?と内心感じていたこともありました。
ただ実際に自分たちの社屋でこの現象を確認して驚きと同時に必要性を痛烈に実感しました。

3.耐久性(メンテナンスコスト、資産)

家を建てた後、メンテナンス維持費が高額にかかる場所は、屋根と外壁です。
屋根と外壁のメンテナンスと言えば塗り替えになります。
だいたい10年に1度ぐらいのスパンです。

一番の劣化は紫外線による色あせ、剥がれ。
劣化をほっておくとコーティングされている被膜が薄くなりそこから水が浸透しやすくなり下地の木部を腐らせます。

ナチュラルアスカの家もメンテナンスは必要です。
ただナチュラルアスカの家は家の防水性能にとって一番大事な場所を紫外線や風雨などから保護されてることでメンテナンス費用を抑えることが出来ます。

それはコーキングの部分です。

家の価値を維持するためには継続的な定期点検とメンテナンス費用はどうしても避けられないもの。
コーキング部分を保護しこの部分の交換をなくすことによりメンテナンス費用を抑える事ができます。

Standard spec(標準仕様)

家の防水に重要なコーキング部分を塗り壁材により保護し、将来かかるコーキング交換費用(20万〜30万)を省くことによりメンテナンス費を抑える。

コラム1 サイディングの欠点

一般的に家は築年数は約10年から15年で外壁塗り替えのメンテナンスが必要です。
外壁材で一番多いのはサイディングといって窯業系と金属系などがあります。

一般的によくつかわれているサイディングですが、大きな欠点が二つあります。

一つ目はサイディングとサイディングを繋いでいるコーキングの劣化と二つ目はサイディング本体の劣化です。

1.コーキングの劣化

まず、サイディングは板同士の合わせ目や窓などの開口部にはコーキングというボンドのような糊のような、柔らかいつなぎを充てんします。

そして、このコーキングは打たれてからずっと露出状態になります。
そうすると紫外線でだんだん劣化が進んでいきます。
特に北面以外の南、西、東は太陽にあたる時間が長いので劣化が進みやすいです。

劣化が進む前にメンテナンスの塗装をかければいいのですが、それを怠るとどんどん劣化が進みコーキング自体がひび割れてきてしまいます。

コーキングにひびが入いるとそこから雨などの水がどんどん家の中に入ってきます。
入った水はだんだん中の材木などを腐らしてしまいます。

10年ぐらいならサイディングの板本体はまだ劣化はそんなに進んでいませんがコーキングは粘性がなくなってしまうので打ち直しが必要になります。

2.サイディング本体の欠点。

サイディングは木質系、繊維系など窯業系があります。
これらは、新品の時にはコーティングがしてありしっかり自然の風雨から守られています。

サイディングの板の保証期間は価格帯によって2年、5年、10年。
住宅ローンを完済する35年以上は持たせたいのにメーカーの保証期間はせいぜいそんな期間です。

では後は、どうしたらいいのかというと、お施主さんたちの個々の塗り替えなどのメンテナンスが必要になります。

ただメンテンスを怠るとサイディングは紫外線による表面の劣化、コーキング劣化などによって漏水になったり、サイディングに大きなそりが生じたりします。

劣化のサインはチョーキング現象

写真のように手で触ると白くチョークのように付きます。
これは表面のコーティング剤が紫外線と雨で流れてしまい、中のカラーの部分の塗料が露出した状態です。
この状態をほっておくと、水がどんどんサイディングに浸透します。
コーキングやサイディングの割れや剥がれや浮き

太陽の紫外線が確実に家の劣化を進めていきます。

3.コーキングが外部に露出しないナチュラルアスカの家

ナチュラルアスカの家は太陽の紫外線や雨などにコーキング材が直接さらされるサイディングの工法と違い防水材のコーキングを窓や軒天などに最初に打ち防水してその後、外壁の仕上材を塗るのでコーキングが太陽や雨にさらされることがありません。

従来コーキング施工

ナチュラルアスカ施工

家は10年サイクルで塗り替え、コーキングの劣化が激しい場合交換が必要になります。
コーキング交換費用は塗装工事以外に20万、30万とかかる場合もあります。

家のメンテナンス費用は最初は大事だと思って積立などしていても
いざ、工事が必要な時にちょうどお金がかかる子供の塾代や進学と重なるものです。
ですからなるべく、メンテナンス費用が掛かりにくい建材を選ぶ必要があります。

4.省エネ性(パッシブデザイン設計とライフサイクルコスト(LCC)を考えた省エネ住宅)

家の省エネ化を考えた場合、日々の電気代を抑えることだけに集中する省エネだけでなく一歩進めて、家を建ててからそしてその役目をはたすまでに生涯かかるであろうライフサイクルコスト(LCC)の省エネ化をはかる。

標準仕様 (Standard spec)

太陽や風向きなど自然の力を利用したパッシブデザイン住宅の設計の推奨と将来かかるであろうエネルギー、メンテナンス費用、家電品費用などライフサイクルコスト(LCC)の省エネ化をはかります。

コラム1

最初に「大型太陽光発電システムを採用することは、省エネということとイコールなのか?」
と質問したいと思います。
と言うと「大型太陽光発電システムを採用することは省エネと同じことと決まっているじゃあないですか。」という答えが返ってきそうです。
そうです。私もそう思います。確かに太陽光は大きくすれば大きくするほど、売電価格が上がり家計はすごく助かると思います。
それに国は将来家の性能として義務付けたいZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)も太陽光発電システムやエネファームなどのような、エネルギーを創る設備を付けることは必須になっています。
国でめざす「新築住宅の平均でZEHの実現」とは、2030年までに日本で建てられる新築住宅全体でエネルギー消費量「プラスマイナスゼロ」ということです。
確かに「省エネ」という言葉から考えてみると省エネとは生活の中で使う電気やガス、石油などの消費エネルギーを抑えることです。
じゃあ、こう考えたら屁理屈ですか?

エネルギー消費を抑えるのであれば冬、部屋が寒くてもエアコンなどを使わないで布団の中で寒さをじっと我慢していれば?
それが今時常識ハズレなら断熱性能があまり高くない部屋でガンガンのエアコンを回しながらその電気を太陽光発電などの創エネでまかなうとしたら。
布団でガマンは今時の日本では常識ハズレかもしれませんが、でも断熱性能があまり高くない家では電気代などの一部の消費エネルギーを太陽光発電システムで賄っています。
電気代だけで見れば「ガマンの家」も「なんちゃって断熱エアコンガンガン太陽光発電カバーの家」も「高性能断熱の家」と同様消費エネルギーは低く押えられていると思います。
じゃあ何が違うのか?
「ガマンの家」は論外として「高性能断熱の家」は家本体の断熱性能が高い家なのでこの家が存在する間、性能が落ちることなく断熱効果を期待できますが「なんちゃって断熱エアコンガンガン太陽光発電カバーの家」はこの家ある間ずっと「太陽光発電」に省エネを頼るようになります。

要はメカメカの家

「太陽光発電システム」は家電品と同じで耐用年数があります。
一般的に太陽光発電の耐用年数は20年と言われていますが(それに合わせるように各太陽光発電メーカーの性能保証も20年が多いです。)
それを制御するパワーコンディショナーの耐用年数は10年と言われています。
将来パワーコンディショナーが壊れてしまえばその修理費や交換費がかかりますし太陽光発電システムも所詮機械なので、いつかは壊れて交換や修理にに大きな投資が必要になるかもしれません。
そして要は家電品なので劣化により性能もだんだん落ていき本来の売電効果も薄れてくるでしょう。
そして今、国の太陽光発電システムによる電気の買取価格は年々減ってますし、それより将来日本の法律が変わり電気の買い取りを終了するかもしれません。
そうなってしまったら省エネどころか売電価格を当てにしたライフプランは成り立たなくなります。

ただ、私としては太陽光発電システムの採用に消極的になりなさいという考えはありません。
推奨したいのはまずは家本体の断熱性能を確実に上げておくという事。
(家の断熱性能は一度工事して上げてしまえばこの家が存在する限り性能は変わりません。)

そして太陽光発電システムは大型のシステム導入で売電価格で家計を補うという考えから自分たちの使う電気の量を効率的に発電し、その分で自分たちで使う電気を賄うという考えで採用を検討したほうがいいと思います。
(要は国の余剰電力買取制度をあてにしない。)

今はまだ高額な蓄電システムが採算が合うまで安く導入出来るようになったら採用して太陽光発電システムで発電した電気を蓄電できれば来るべき大型災害に備えることもできます。

コラム2  ライフサイクルコスト(LCC)を考えた家づくり

家づくりを計画した場合、一般的には土地から買う場合は土地探しより、土地がある場合はプランニングなどから始まり見積、資金計画などをし、着工、完成、お引渡しと進みます。この進み方はごく一般的な進み方です。
この進み方で一番気になるのは、家が完成までの総額ですね。
当社では家づくりの前段階でライフプランをお薦めしてますが、ライフプランの目的は家づくりの総額を知り、その総額が住宅ローンの返済が家を建ててからの生活にどのように影響するか?将来の子供の教育費、自分たちの老後生活にどのように影響するか?余裕があるのか?ないのか?を収入、生活費などの出費のデータを入れパソコン上でシュミレーションする作業です。
ライフサイクルコスト(LCC)の考えはさらにもう一歩進めての考え方です。
住宅ローンとは別に家を建ててからかかる費用としてそのウエイトを大きく閉めるのは、光熱費やメンテナンス費などです。
特に光熱費などは例えば月に数万かかったとして年何十万、その家に仮に50年住んだと考えると生涯の光熱費は¥1000万をゆうに超えてきます。
メンテナンス費用は例えば大きいものとして約10年後に外壁の塗装などの改装、20年後にやはり外壁の改装、ユニットバスやキッチンなどの設備交換や内装の壁紙などの貼替え、もしかしたらお子さんが結婚されて同居になったら、嬉しいことかもしれませんが、間取り変更や、設備機器の追加、増築などが発生するかもしれません。
それにもし太陽光発電システムなどを採用しいる場合は保証期間が切れてからの修理や場合によっては交換費用など設置工事費を上回る費用もかかるかもしれません。
それ以外にも管理費として家の中の保証が切れてからの不具合の修理や故障の修理など。
最後に将来、家の解体費用なども発生します。

そしてそれ以外には、家には直接関係ないですが、家族の年齢が変わってきてからの各種保険などの見直し等。
家に関わることだけでも家に住んでからのコストが場合によっては最初の建設費用以上にかかってきます。
その場合考えたいことはこれら家に住み始めてからの費用をいかに抑えるかを家を建てる前に考えていきます。
一番抑えやすいのは最初に言ったように光熱費とメンテナンス費用です。
光熱費を抑える為には家のプランを土地の特性、例えば日当たりや風通しに合わせなるべく自然のちからを取り込み設計をすることと家の断熱性能を高めることと、そして使うエコキュートやエアコンなどを省エネタイプの家電品にしていくことです。

これらを全て入れ省エネ設計していきます。(パッシブデザイン設計)

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング